遊ぶ

【激レア】沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムに冷凍シーラカンスを見に行く

 前回の、魚河岸丸天の海鮮かき揚げ丼でお腹が一杯になった後は、世界でも沼津のココでしか見られない冷凍のシーラカンスを見に行くことに。

駿河湾の説明

 そもそも、何故沼津に深海水族館があるのかと思ったら。沼津は駿河湾に面していて、駿河湾は日本で一番深い湾で、駿河湾で生息している深海魚や世界でも珍しい生物を展示している模様。

深海魚
深海魚

 多種多様な、深海魚が展示されているが、一様に言えることはグロイ…と言うこと。

深海魚

 深海にいるので、まず出会うことはないだろうけど。海で泳いでいて、こんなのに出会ったらビックリして溺れることでしょう。

カニ

 メチャクチャ足の長いカニ。味は美味しのだろうか?カニって食べられるところが少ないが、このカニは足が長いので食べられる部分が多そう。

 この深海水族館では、イルカのショーやペンギンの散歩などを見ることは出来ないが。普段見る事の出来る水族館とは、異なる生物が展示されているので、違った楽しみ方が出来るでしょう。でも、子供や女性は気持ち悪いと感じるかも…

 一通り順番に見ていくと、メインであるシーラカンスのゾーンになる。

シーラカンスミュージアム
シーラカンスの説明

 シーラカンスに関する詳しい説明やテレビでの解説があったりする。

 そして、実際にシーラカンスとの御対面!

冷凍シーラカンス

 ドドーン!!!

かなりの迫力!!!まさに生きた化石と言われるだけあって、古代生物のビジュアル。

 この沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムでは、2体の冷凍のシーラカンスと3体の剝製のシーラカンスが展示されている。そして、冷凍されたシーラカンスは、世界でもこの深海水族館でしか展示されていない。

冷凍シーラカンス

 剝製だと、色合いが劣化していったりするが、冷凍だとそのままの状態を維持出来て、リアルな姿を実感出来る。
 体長は約170cmぐらいで、成人男性の身長と同じくらい。シーラカンスは過去の生き物ではなく、今も何処かの深海で生きているというのが凄い。

剝製シーラカンス
剝製シーラカンス

 こちらが剝製タイプのシーラカンス。茶色みがかっていて、色合いが劣化しているのかもしれないが、剝製タイプもかなりの迫力!!!

 この深海水族館は、土日祝日になると長蛇の列で待ち時間も発生したりするので、余裕を持って行った方が良いでしょう。

 深海水族館の向かいには、沼津バーガーというお店があって深海魚バーガーなるものもあったりする。やや割高だが、立ち寄ってみても面白いのでは?

深海魚バーガー看板

 写真のメニューは2014年当時のものの為。現在では、メニューや値段が異なる場合がありますのでご注意下さい。

-遊ぶ

© 2020 リゾートバイト旅行記 Powered by AFFINGER5