パワースポット

パワースポット・東国三社を観光してみた!

 北海道のリゾートバイトを終えて、実家でしばらくプラプラと過ごすことに。しかし、家でじっとしててもしょうがないので、北海道で別れたはずの台湾人が、東京で少しの間生活すると言うので、また遊ぶことに。

 東国三社(とうごくさんしゃ)と言うのを、知っている人はどのくらいいるのだろうか?
 茨城県にある、鹿島神宮息栖(いきす)神社、千葉県にある、香取神宮
 この三社をお参りすると、凄いご利益を得られるらしい。しかも、この三社の場所を線で結ぶと、直角二等辺三角形になり。偶然ではなく、意図的な何かが秘められているんではないかと思ってしまう。

東国三社

 ネットで調べたが、お参りする順番は特に決まっていないようなので、香取神宮からお参りすることに。

香取神宮

 香取神宮は香取駅から徒歩で30分ぐらいの距離。バスやタクシーを利用する場合は、佐原駅を利用した方が便利。

香取神宮

 自分が想像していたより大きな神宮で、100メートルぐらいの道にお土産物屋さんや飲食店が並んでいた。
 この香取神宮は、全国約400社の香取神社の総本社なので、由緒ある場所なのでしょう。また、神社ではなく、神宮と昔から呼ばれていたのは、伊勢神宮と香取神宮と鹿島神宮らしい。

要石
要石

 香取神宮には要石(かなめいし)という物がある。香取神宮自体がパワースポット言われるが、この要石が凄いらしい。写真では、ちょこんと石が出ているだけだが。これは、岩の一部が顔を出しているだけで、全てを掘り起こすことは出来ないくらい巨大な岩らしい。そして、この要石は地震をおこす大ナマズを押さえつけていて、香取神宮の要石は出っ張っている凸型。鹿島神宮にも要石があり、鹿島神宮の要石はくぼんでいる凹型で、地中でつながっているとも言われてるみたいだけど、まずそれはないでしょう…笑

息栖神社

 次に行ったのが、息栖神社。息栖神社の最寄駅は小見川駅だが。そこから歩くと1時間ぐらいは歩く。バスもあったかもしれないが、本数は多くないので、タクシーで行き。お参りし終わったら、そのままタクシーで鹿島神宮に向かうことにした。
 息栖神社は、香取神宮や鹿島神宮に比べると小さな神社で、どこにでもあるような神社。だけど、香取神宮と鹿島神宮をとりもつ役割をしているらしく。息栖神社のご神体と言われる井戸は、日本三霊水である忍潮井(おしおい)と呼ばれる井戸がある。ちなみに、残りの2つは、伊勢の明星井と伏見の直井らしいが。日本三霊水がそもそも何なのかネットで調べたが、いまいちわからなかった…笑 まあ珍しいってことは間違いないでしょう。

忍潮井
忍潮井

 その他に、昔の人が力比べをした、力石なるものもあったりした。

力石

 東国三社最後の鹿島神宮へ
 鹿島と言ったら、鹿島アントラーズが有名で,それ以外は思い浮かばなかったが。鹿島神宮はかなり大きな神宮だった。

鹿島神宮

 鹿島神宮は木々が生い茂っていて、マイナスイオン効果かどうかわからないが、ひんやりとした気持ちの良い空気が漂っていた。

 鹿島神宮の名の通り、鹿もいる。

鹿

 春日大社のある奈良公園にいる鹿は、この鹿島神宮の鹿がその昔連れてこられたとも言われている。

要石

 鹿島神宮にある要石。

要石

 真ん中がちょっと凹んでいるのがわかる。

 何だかんだで無事に三社お参りすることが出来ましたが。一日で、徒歩や電車だけでお参りするのはかなり大変です。小見川駅、息栖神社、鹿島神宮のタクシー代で5000円ぐらいはかかってしまったと思います…

 晩御飯は、千葉県佐倉市でデカ盛りで有名な幸(さち)で食べることに。ここの一番の売りは、ウルトラジャンボエビフライ定食!長さ30センチはある、顔よりも長いウルトラジャンボエビフライが2本ついた定食。

ウルトラジャンボエビフライ

 ただ、値段もウルトラジャンボで、3000円以上はします…

ウルトラジャンボエビフライ

 話のネタやインスタ映えとして一度食べれば十分でしょう。

ジャンボチキンカツ
ジャンボチキンカツ

 今現在もメニューにあるのか、値段はいくらかは不明ですが。ジャンボチキンカツなどは、1000円ぐらいで食べられ。リーズナブルな価格の定食もあるので、近くに寄ることがあったら、行ってみてはどうでしょうか?



-パワースポット

© 2020 リゾートバイト旅行記 Powered by AFFINGER5