リゾートバイト

岐阜の雪山で働いてみて

 北海道でのレストランの仕事は、かなり歩き回る仕事でしたが。フロントの仕事は、ほとんどフロントに居て。チェックイン・チェックアウトの手続き、たまに部屋まで呼ばれて対応するのが主だったので、肉体的には楽でした。
 しかし!ホテルで起きた出来事は、全てフロントにクレームがくるのです。アメニティーがないだとか、部屋に虫が出ただとか。レストランの対応が悪かっただとか。安くってボロいホテルなんだから、虫ぐらい我慢しろよ。いい大人が、カメムシ一匹出ただけで騒ぐんじゃねーよ!って何度心の中で思ったことか…笑

 ただ、そういったトラブルを上手く対応出来た時や、お客さんからの質問にスムーズに答えられた時とかは、やりがいを感じられましたね。

 ホテルのフロントの仕事は、ここでしかやったことがないので、他も全て同じとは言えませんが。
 チェックイン・チェックアウトの手続き。お金の計算。近隣の観光地や周辺環境の把握。ホテル内でのトラブル対応、電話対応などが求められると思います。
 基本的には良いお客さんばかりですが、数百人に1人の割合で嫌なお客さんは存在しました。1番重要なスキルは、そういったお客さんの相手を上手く出来るかどうかだと思います。
 自分は、そうゆう嫌なお客さんに当たると、結構引きずるタイプなので。フロントの仕事はこれ以降する事はありませんでした。

 北海道では、休みのたびに出かけていましたが。雪山生活では、1度しか街の方に行かなかったですね。必要な物はネット通販で頼んだりで。
 ただ、良かったと思ったことは。仕事の日は、食事はバイキングの残り物でしたが。休みの日は、普通にお客さんとしてバイキングを食べられたのは良かったです。
 スキー場に働きに来る人は、ほぼ滑るのが目当てでしょうから。休みの日は街に行って出かけると言うよりも。休みの日は滑る!って人達ばかりで、そんなに不便は感じないのかもしれません。
 自分は、スキーを昔やったことがある程度で、そこまで滑りたくってしょうがない人間ではなく。休みの日は2、3時間滑って、後は暇を持て余す生活でした。

 スキー場関係では3ヶ所で働いたことがありますが。どこのスキー場でも特典として、リフト利用は無料だと思います。その他は、スキー場によって対応が変わってきますが。このスキー場は、15000円ぐらい支払えば、スキー道具かスノボー道具のどちらか好きな方を、ワンシーズン借りることが出来ました。
 レンタルには含まれない、帽子、手袋、ゴーグルに関しては、売店で販売していて、従業員割引の20%オフで購入出来ました。

-リゾートバイト

© 2020 リゾートバイト旅行記 Powered by AFFINGER5